忍者ブログ

    今宵は一筆申し上げ候

    世の中の出来事に、もの申したく候。

       

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    死刑制度について…ちょっと違う見方

    素浪人はいろんな人の意見を聞いていますが、自分の態度としては、「死刑」そのもには反対ではないのですが、現在の「死刑制度」には「条件付き」で反対しています。

    「なんだそれは?」とおっしゃる方も多いでしょう。いや、たいした話ではないのです。簡単な事です。世の中で繰り広げられている死刑制度を巡る議論とはちょっと視点が違うのです。

    おそらく、現在日本で議論になっている死刑制度の議論というのは、廃止派は「人が人の命を絶つというのは人権上よろしくない」ということだと思います。一方賛成派は「殺人という、人の命を絶った者は同様に、自ら命を絶たれるのは当然」ということでしょう。つまり、根本のところで真っ向から対立しているわけで、これは議論としてはいつまでもかみ合わないでしょう。

    管理人は両方の気持ちがよくわかります。

    で、管理人が気にしているのは「警察や検察は信じられるのか?」という一点につきます。日本の裁判の歴史を見てみても、何度も何度もえん罪が表面化しています。つまり、警察&検察によるでっち上げです。しかも、それが極刑に至る犯罪においてもです。これではとてもじゃないけれど、全面信用できないわけです。もしも自分が無実なのに、逮捕されて殺人の罪で起訴されて、そして裁判の結果、死刑。上告を繰り返しても、ねつ造された証拠と、周りの無理矢理書かせられた目撃談の調書で最高裁も死刑。そうなったらどうします?冗談でなく、少し前の村木元厚労相局長の一件は死刑ではありませんが、まさにその通りの展開を見せました。これで、管理人の杞憂は現実に起きていることだと証明されてしまいました。

    死刑がなく、終身刑であれば、まだ、えん罪を証明するために何年も何十年も本人と周囲の人が頑張って、いつかは最終的に無罪を勝ち取ることもできるでしょう。しかし、死刑になった後で、えん罪が証明されてても手遅れです。

    だから、今のような、不透明な取り調べシステムが日本で行われている限り、管理人は死刑制度に反対なんです。しかも、これは日本だけの話ではありません。結局人が人を裁くということ…そこに権力が入り込めば当然、「意図」が入り込みます。裁判官の思想も様々。すなわち、間違いのない裁きを100%求めるということは、どんな人間の社会でも不可能。つまり、結局のところ人間は死刑を行う資格はないということになります。

    えん罪でもないかぎりは一生決して刑務所から出ることができない、本当の意味での「終身刑」を作ればいいのです。それがないところに、また別の問題点があると思います。

    というわけで、死刑制度反対を訴えている人間の中にはこういう考え方の者もいるということで、一言でした。

     

    PR

    TRACKBACK

    Trackback URL:

    カレンダー

    09 2017/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31

    最新コメント

    最新トラックバック

    プロフィール

    HN:
    素浪人
    性別:
    非公開
    自己紹介:
    マスコミと呼ばれる世界に生きる素浪人。集団に属することが嫌いで、あくまで浪人として生きる身の上。だからこそ言えることも…。

    バーコード

    ブログ内検索

    P R

    フリーエリア

    Copyright ©  -- 今宵は一筆申し上げ候 --  All Rights Reserved
    Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]