忍者ブログ

    今宵は一筆申し上げ候

    世の中の出来事に、もの申したく候。

       

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    選挙の投票~誰を当選させたいかじゃなく、誰を落としたいかという考え方は?

    12月14日は衆議院選挙の投票日。

    盛り上がらない選挙では投票率が大幅に下がります。今回の選挙も相当に低いのではと言われています。

    素浪人も本音では「こんなしらけた選挙…入れたい人がいないし…」とは思うものの、先人達が血を流すようにして得た選挙権。捨てるわけにはいかぬ…と思いつつ。

    しかし、誰も入れたい人がいないではないか!

    同じように悩む人も多いのでないかと思います。 特に今回の選挙のような場合には…。

    そんな方は、ちょっと考え方を変えてみたらという提案。

    たとえば、自分の選挙区にAさんとBさんが立候補している。Aさんは主張が全く自分と相反する。Bさんも主張のほとんどが自分と相反する。

    こんな場合。 どっちを選ぶ? ではなく、 どっちが絶対に嫌?

    そりゃAだ。Bはまだ「**」の施策だけは悪くない。 ってことはないでしょうか?

    選挙公報。読めば大体の主張は分かる。そうすると、コイツだけは絶対に入れたくないという候補も出てくるはず。

    そう、発想の転換。

    「入れたい」ではなく「入れたくない」。 「当選させたい」ではなく「落選させたい」。

    すると、行動はただ一つ。 もう一人の候補に投票すること。Aを落とすためにBに投票する。

    結局、そうすれば貴重な1票を「棄権」という行為で無駄にすることもない。

    本当は投票用紙に「棄権」と書く投票もあっていいと思うけれど、それがない以上、致し方のないこと。

    これからの選挙、誰を落とそう!という主張で臨むというムーブメントがあっても良いのではないかと、を拗ねてみる素浪人…。

    皆さんもいかが?

    PR

    カレンダー

    09 2017/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31

    最新コメント

    最新トラックバック

    プロフィール

    HN:
    素浪人
    性別:
    非公開
    自己紹介:
    マスコミと呼ばれる世界に生きる素浪人。集団に属することが嫌いで、あくまで浪人として生きる身の上。だからこそ言えることも…。

    バーコード

    ブログ内検索

    P R

    フリーエリア

    Copyright ©  -- 今宵は一筆申し上げ候 --  All Rights Reserved
    Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]